不動産コラム Column

古民家のリフォーム事例のご紹介3

古民家リフォームをされておられるお客様のお家訪問第3弾。ついに、リフォームが完了です。

 

キッチン横和室は木目が美しいLDKに。家主拘りの堀込炬燵風居間。

昭和なキッチンは使いやすい今時のカウンターキッチンへ。写真右に写る食器棚は倉庫で埃を被っていたものを塗り直した品。

 

お手洗いも昔のタイル壁から、部屋と統一感を出した空間へ。

中古物件のリフォームで一番需要が多いのは水回りです。毎日使うだけに痛みも激しい場所。

壁紙も変わることで明るさが違います。

解体中に見えていた天井裏は、市松模様の天井に。そして、2階の壁を一部取り払い、1階と2階が繋がる空間へ。

載せている写真はリビングと水回り(キッチン、浴室、洗面所、お手洗い)で、この他のお部屋は昔ながらの和室と縁側が残してあります。

このため、和の雰囲気を残した新しく今風のLDK+昔から変わらずの和室が共存している面白いお家になりました。

このようにリフォームは、今あるお家を活かす新たな魅力を追加する新しく綺麗に使いやすくする、様々な切り口ができます。

中古物件+リフォームを考えている、けれど、この中古物件がリフォーム後にどんな状態になるか想像がつかない。

そんなお客様へ、リフォームとは、こういうこともできますよという一例になったらと思い、3回に渡って書かせていただきました。

 

リフォームの間、何度も足を運ばせていただいた家主様にここで感謝を。ありがとうございます。

最後に、酒どころ西条らしい(?)一枚を載せて。

新LDKの中心に置かれた元酒樽の蓋。テーブルとして利用されるとか。

 

最後まで楽しい密着でした。これから良き生活を送られますように。

 

不動産本舗 野田でした。